S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
based on "BACKWARD REGION"
カテゴリ:未分類( 9 )
|
* * *
阿部典史(32歳)
あべ・のりふみ。オートバイレーサー。世界最高峰の世界選手権シリーズ最大排気量の500ccクラスで、1996年と2000年の日本グランプリで優勝するなど3勝を挙げる。表彰台に計17回立つ日本の第一人者で、「ノリック」の愛称でファンに親しまれた。

7日午後6時20分ごろ、川崎市川崎区大島1丁目の市道でオートバイを運転中、Uターンしてきたトラックと衝突。病院に運ばれたが、全身を強く打ち間もなく死亡した。川崎署によると左側の車線を走っていたトラックがUターンし、右側車線を後方から走ってきた阿部さんのオートバイと衝突した。現場は片側2車線でUターンは禁止されている。同署が自動車運転過失致死の疑いでトラックの運転手(51)から事情を聴いている。
[PR]
by nob_io | 2007-10-07 05:40 |
* * *
阿久悠(70歳)
あく・ゆう(本名深田公之:ふかだ・ひろゆき)。兵庫県出身。作詞家。昭和34年に明治大学文学部日本文学専攻卒業後、広告代理店に入社。広告マンと放送作家の二足のワラジを履くが、40年にフリーとなり、作詞を中心に小説、エッセーなどの執筆活動に入る。同年、ザ・スパイダースのデビュー曲「フリフリ」のB面「モンキー・ダンス」で作詞家デビュー。昭和40年代後半から50年代にかけてヒットチャートを独占する勢いで、「また逢う日まで」「勝手にしやがれ」など5000曲以上を作詞。日本レコード大賞は「また逢う日まで」(46年)、「北の宿から」(51年)、「勝手にしやがれ」(52年)、「UFO」(53年)、「雨の慕情」(55年)と5回受賞、戦後の歌謡曲の黄金時代を牽引した、2007年8月1日午前5時29分、尿管癌のため慈恵会医大病院で死去。70歳。
[PR]
by nob_io | 2007-08-01 05:18 |
* * *
横山ノック(75歳)
よこやま・のっく。本名 山田 勇。コメディアン・参議院議員・大阪府知事。1955年宝塚新芸座に入団、1959年、小林龍太郎(後の上岡龍太郎)と轟盛次を誘って漫画トリオを結成した。轟は横山フック、小林は横山パンチと名乗らせた。しゃべくりだけのトリオ漫才とニュース漫才は当時非常に斬新で話題となり、好評を博す。

1968年に漫画トリオを解散し、参議院議員選挙全国区に無所属で立候補し当選。1995年に参議院議員を辞職した後、政党に頼らない無党派であることを旗印にし大阪府知事に当選。しかしその選挙活動の際、自陣営の運動員をしていた女子大生から、強制わいせつとセクハラ行為で民事訴訟をおこされる。当初は「真っ赤な嘘」「でっちあげ」などと完全に否定し、女子大生を虚偽告訴容疑で逆告訴するなど強硬な対応をみせたが、2000年3月に開かれた刑事裁判の初公判では一転して強制わいせつの事実を認め、被害者に謝罪した。2007年5月3日7時15分、中咽頭ガンのため兵庫県西宮市の病院で死去。75歳。
[PR]
by nob_io | 2007-05-03 05:09 |
* * *
植木等(80歳)
うえき・ひとし。コメディアン・俳優・歌手。谷啓らとともにクレージーキャッツのメンバー。1961年クレージーキャッツの一員として、日本テレビ「シャボン玉ホリデー」に出演、「お呼びでない?」など歴史に残るギャグで爆発的な人気を得る。62年、古沢憲吾監督の東宝映画「ニッポン無責任時代」に出演し大ヒット。以降、「無責任男」をキャッチフレーズに数多くの映画に出演。『スーダラ節』、『ドント節』をはじめ数々のヒット曲、ヒットギャグを放ち、高度経済成長時代の日本を代表するコメディアンとして60年代の一世を風靡。石原裕次郎、坂本九、美空ひばり、渥美清らと並ぶ、昭和を象徴するトップスター。ちなみに学生時代は陸上選手で、高校時代には100mを11秒で走ったという。

1990年、自身の企画でヒット曲をメドレーにして歌った「スーダラ伝説」を発売。話題を呼び、この年の紅白歌合戦に1967年以来の出場を果たし、歌手別最高視聴率56.6%を叩きだし、さらにオリコントップ10入りも果たすという前代未聞の大記録を打ちたてた。その余波で高額納税者番付・芸能人部門でもトップ10入りを果たす。不動産売却以外で、還暦を過ぎてのランクインは他に例が無い。晩年は肺気腫と前立腺がんを患いながらもテレビドラマや映画を中心に仕事を続け、2006年12月21日 朋友である青島幸男の通夜に、酸素吸入器をつけて参列。これが公の場に出た最後となる。2007年3月27日、呼吸不全の為東京都内の病院で死去。80歳。
[PR]
by nob_io | 2007-03-27 04:51 |
* * *
渡辺和博(56歳)
わたなべ かずひろ。編集者、イラストレーター、エッセイスト。広島県広島市出身。崇徳高等学校卒業後上京。東京綜合写真専門学校に入学しカメラマンを目指すが中退。東京四谷の現代思潮社美学校に入りなおし赤瀬川原平に師事。1975年、南伸坊の誘いで青林堂に入社。『月刊漫画ガロ』編集長となり、南とともに「面白主義」を打ち出す。のちフリーとなり、独得のヘタウマ漫画と面白エッセイで多くの雑誌にコラムを持った。代表的ベストセラーに1984年の『金魂巻(キンコンカン)』。また自動車雑誌「NAVI」に連載された『エンスー養成講座』で、自動車マニアを「エンスー」(エンスージアストの略)と名付ける。2007年2月6日、肝臓癌のため死去。56歳。
[PR]
by nob_io | 2007-02-06 04:22 |
* * *
青島幸男
あおしま・ゆきお。東京府東京市日本橋区堀留町(現・中央区日本橋)出身。作家、作詞家、タレント、放送作家、映画監督。早稲田大学第一商学部卒業間際に結核を患い就職を断念、療養中に銀座でバー「カランタス」を経営。そのとき書いた漫才台本がNHKのコンクールで採用されたことをきっかけに放送作家としての活動を開始。テレビ世代の申し子として植木等などの作品を手がけ、彼らとともに日本の高度成長期を代表するスター。『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)等の構成をし、放送作家本人が画面に登場する「青島だァ!」のギャグで一躍有名になる。コミックソングの作詞家としても才能を発揮し、番組で関わったハナ肇とクレージーキャッツや坂本九らの作詞をする。代表曲として『スーダラ節』、『だまって俺についてこい』、『ハイそれまでョ』(クレイジーキャッツ、植木等)、『明日があるさ』(坂本九)など。

「いじわるばあさん」では俳優としてドラマ主演。若大将シリーズなどの映画主題歌作詩。1998年には絵画「循環」で二科展入選。テレビ司会者として「お昼のワイドショー」「追跡」「TBS歌のグランプリ」など。直木賞受賞作となった『人間万事塞翁が丙午』では、本人が直木賞を取ると周囲に公言して執筆、出版し、実際に受賞してみせた、しかもその作品が小説としては処女作であったという、ある意味では日本の文学史でも他に類を見ない離れ業をやっており、青島の豊かな才能の一端を示すエピソードとして知られている。また1968年、参議院議員選挙に全国区から立候補し2位で初当選しタレント議員のパイオニア的存在となり、その後東京都知事をつとめるなど政治家としても活躍。多才の人として知られた。ちなみに漫画『天才バカボン』のバカボンのパパは、知らないルールがあると「国会で青島幸男が決めたのか?」、また自分で勝手にルールを作ったときには「国会で青島幸男が決めたのだ!」と問うのが決まり文句だった。

しかし都知事時代は都市博中止以外めぼしい業績を残さなかったことでカリスマ性も薄れ、都知事退任後、選挙に出馬するも落選。中野ブロードウェイに住んでいた。ただし、都知事在任中は公邸を使うことが多く、退任してからは江東区に転居。2006年12月20日午前9時31分、骨髄異形成症候群のため死去。74歳。
[PR]
by nob_io | 2006-12-20 22:43 |
* * *
いかりや長介(72歳)
ザ・ドリフターズのリーダーで俳優のいかりや長介(本名・碇矢長一=いかりや・ちょういち)さんが2004年3月20日午後3時半、原発不明癌頚部リンパ節転移のため東京慈恵医大付属病院で死去した。72歳。いかりやさんは昨年5月体調不良を訴えて入院。頚部リンパ節がんと判明し、放射線治療などを受けた。7月に一時仕事復帰したが、その後再び体調を崩し、休養していた。69年にスタートしたTBS「8時だヨ!全員集合」で爆発的な人気を獲得、番組終了後は個性派俳優としてドラマ、映画などで活躍していた。

1931年11月1日生まれ。中学卒業後、地元の製紙工場に勤めながら同僚らとハワイアンバンドを組みダンスホールで活動。1959年、ミュージシャンを目指し上京、最初の妻と共に新宿2丁目のアパートで暮らす。ミッキー・カーチスも在籍していたロカビリーバンド「クレイジーウェスト」に参加後、カントリーウェスタンバンド「ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ」(ギタリストは寺内タケシ)にベーシストとして加わり、立川や横須賀や横田の米軍キャンプで巡業。1962年、加藤茶と同時期に、小野ヤスシやジャイアント吉田らが在籍していた「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に参加。その後、小野ヤスシらは独立。1964年に仲本工事、高木ブー、荒井注を加えて「ザ・ドリフターズ」を再結成し、当時人気絶頂だったハナ肇とクレージーキャッツの後輩として大々的に売り出した。1966年にはビートルズの前座として武道館で公演。仲本のヴォーカルで『のっぽのサリー』を演奏。

その後コメディ路線に転じたドリフターズ(通称ドリフ)は、TBSテレビ『8時だョ!全員集合』やフジテレビ『ドリフ大爆笑』で一世を風靡。1985年『8時だョ!全員集合』の終了後、いかりやは俳優として活躍。1997年のドラマ『踊る大捜査線』のベテラン刑事役では『全員集合』を知らない若い層からも支持を受ける。趣味はアフリカ旅行で、彼をメインレポーターとしたアフリカ紀行番組も度々放送された。
[PR]
by nob_io | 2004-03-20 13:02 |
* * *
レスリー・チャン(46歳)
香港の最高級ホテル「マンダリン・オリエンタル香港」から飛び降り自殺。46歳。一年ほど前から鬱病を患っていたとされている。 葬儀には香港の芸能関係者のほとんどとファンが参列、香港のみならず華人社会全体が悲嘆にくれた。

張 國榮(レスリー・チャン/Leslie Cheung/本名:張發宗)は、一時代を築いた香港出身の映画俳優・歌手。1983年に『風継続吹』(山口百恵『さよならの向う側』のカバー)がヒット。1985年には『Monica』(吉川晃司『モニカ』のカバー)が大ヒット。一躍トップアイドルに踊り出る。1989年に歌手引退宣言。カナダへ移住。しかし半年後に帰国、芸能界に俳優として復帰。

1982年に譚家明の『烈火青春』に出演し、後のウォン・カーウァイ(王家衛)らニューウェーブに影響を与える。1986年に『男たちの挽歌/英雄本色』、1987年には『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー/倩女幽魂』など、数々の大ヒット作に出演し、香港映画界の金字塔を打ち立てる。1990年、王家衛の『欲望の翼』で香港アカデミー賞主演男優賞受賞。1993年には中国の陳凱歌の『さらば、わが愛/覇王別姫』に出演、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。1997年の王家衛『ブエノスアイレス』は、日本の単館上映記録を塗り替える大ヒットとなる。さまざまなセクシュアリティをもつ役を演じたが、私生活では「バイセクシュアルと言ったほうがしっくりくるかな」と発言していた。

また、1994年陳可辛の『君さえいれば/金枝玉葉』出演を切っ掛けに楽壇復帰。2000年の音楽賞レースでは若手アイドル歌手を蹴散らし6曲同時に新曲がノミネートされるなど、歌手として第2の頂点を極めた。
[PR]
by nob_io | 2003-04-01 12:51 |
* * *
古尾谷雅人(45歳)
2003年3月25日に首吊り自殺。45歳。晩年は事務所兼自宅マンションの住宅ローンや、亡父の遺産相続をめぐって継母との民事裁判を抱えるなど不遇だった。

俳優デビューは日活ロマンポルノ、特にエロス以上に社会派ミステリー的展開で絶大な評判をとった田中登監督作品への出演が多かった。一般作への本格的進出は1980年の映画『ヒポクラテスたち』(監督・大森一樹)。 さらに1983年の日本テレビドラマ『若草学園物語』で主役の教師役をつとめ、その主題歌「見上げるだけの人間のようで」で歌手デビューも果たすなど、一躍脚光を浴びた。日活でのデビュー作『女教師』(1977年)で主演した女教師役の永島暎子とは、23年後TVドラマ『永遠の仔』で再び共演している。『金田一少年の事件簿』の剣持警部役など、名脇役としても知られていた。
[PR]
by nob_io | 2003-03-25 12:57 |
* * *
|