S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Categories
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
based on "BACKWARD REGION"
<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
* * *
高木時夫(68歳)
たかぎ・ときお。浦和高校、日本大学、富士鉄釜石(現在の新日鉄釜石)を経て1961年中日ドラゴンズに入団。主に木俣達彦の控え捕手として活躍。1973年に引退後は中日のコーチ、スカウトを務めた。当時は無名だった山本昌をスカウトしたことで知られる。阪神タイガースでは星野仙一監督時代、球団広報を務めていた。2006年1月23日、原発性肺癌のため名古屋市内の病院で死去。68歳。
[PR]
by nob_io | 2006-01-23 23:01 | 野球関連2006 |
* * *
近藤貞雄(80歳)
こんどう・さだお。愛知県岡崎市出身。内野手→投手。旧制愛知県立岡崎中学校から旧制法政大学を経て1943年に西鉄軍に入団。強打の一塁手として鳴らしたが、深刻な投手不足のチーム事情から石本秀一監督は、近藤の長身からの速球を見出し投手にコンバートした。同年、西鉄は資金難のため1年で解散に追い込まれてしまう。折しも徴兵による選手不足に悩む東京巨人軍の藤本英雄監督から申し出があり、1944年、黒沢俊夫らとともに巨人に移籍した(他球団から巨人に移籍した最初の選手となる)。登板しない試合には野手として出場したこともある。プロ野球が再開された2年後の1946年に大車輪の活躍で23勝をあげるが、秋季キャンプで滞在していた愛媛県松山市で散歩中、進駐軍のジープを避けて側溝に転落。そこにあったガラス片で右手中指を負傷してしまう。

戦後混乱期にあって迅速な治療を受けられず神経に深い傷を残してしまい(右手中指は第2関節から先が曲がったまま、元に戻ることはなかった)、満足な投球ができなくなり巨人を自由契約になる。同僚だった千葉茂は「近藤の負傷が『別所引き抜き事件』の遠因になった」と評する。巨人時代の同僚で中日に移籍していた宮下信明が中日の杉浦清監督に掛け合い、近藤は中日に移籍。移籍1年目の1948年、独特の3本指で投げる「疑似チェンジアップ(パームボール)」を開発し同年6勝、翌1949年7勝、1950年10勝と活躍した。天知俊一監督が復帰した1954年、チームがリーグ優勝を果たす。同年限りで引退。

1955年から1962年(野口〜第3次天知〜第1次杉下〜濃人監督時代)、1964年から1968年(第2次杉浦〜西沢〜第2次杉下監督時代)まで中日投手コーチを務めた。ルーキーイヤーから2年連続30勝をあげながら連投に次ぐ連投で肩を壊し、事実上投手生命を失った権藤博の起用法に対する反省から、先発-中継ぎ-抑えの分業制を提唱。「甲子園準優勝投手」の鳴り物入りで入団しながら打線の援護に恵まれず、不振をかこっていた板東英二をリリーフエースとして起用することで実践した。板東は期待に応えて活躍。巨人・中尾碩志投手コーチとの論争などを経て近藤の「投手分業制」は球界に定着した。その後は濃人の誘いで1969年〜1971年にロッテ投手コーチ。与那嶺要監督が就任した1972年、古巣中日にヘッドコーチ兼投手コーチとして再度招かれ1974年のリーグ優勝に貢献した。1976年退任。

1981年、中利夫監督の後任として中日監督に就任。戦力外になりかけていた平野謙の才能を見抜きレギュラー野手に成長させ、2年目の若手投手牛島和彦を抑え投手に抜擢し、翌1982年にリーグ優勝を果たした。攻撃と守備でガラリとメンバーを代えるところから「近藤アメフト野球」「ツープラトン野球」とも呼ばれたが、現在のプロ野球では当たり前の戦術とされる「守備固め」の先駆けであった。1983年限りで退任。

1985年大洋監督に就任。高木豊、屋鋪要、加藤博一の俊足打者3人を1-3番に据え「スーパーカートリオ」と銘打った。1986年退任。1989年から1991年まで日本ハム監督。これを最後に現場を退いた。以降は中部日本放送野球解説者・中日スポーツ野球評論家を務める。2001年にはプロ野球マスターズリーグ「名古屋80D'sers」初代監督となり、翌2002年まで務めた。この時期、江夏豊をワンアウトで降板させた際、ある女性記者から「もう少しできたんじゃないですか」と言われたことに対し「偉そうに評論家やってんじゃない!」と激怒し、晩年も血気盛んな気質を見せた。血気盛んではあってもニックネームは「ダンディ」。2006年1月2日午前9時22分、都内の病院で呼吸不全のため死去。80歳。
[PR]
by nob_io | 2006-01-02 23:00 | 野球関連2006 |
* * *
|