S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Categories
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
based on "BACKWARD REGION"
<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
* * *
渡辺秀武(65歳)
わたなべ・ひでたけ。63年、日本軽金属から巨人入団。最初の2年間は低迷し、マウンド上での気の弱さから「メリーちゃん」と呼ばれたが、3年目の1966年、南海ホークスの杉浦忠投手をまねて下手投げに転向、同年いきなり13勝を挙げる。1970年にはノーヒットノーランを達成して23勝をあげるなど堀内恒夫、高橋一三と並び主力として活躍。その後日拓、大洋、ロッテを渡り歩き、広島に移籍後は中継ぎ投手として79、80年の連続日本一に貢献した。引退後は広島でスカウトを務め、川端、長富、山内、沢崎の新人王4名を発掘。2007年8月25日、肺炎のため浜松市の病院で死去、65歳。
[PR]
by nob_io | 2007-08-25 05:24 | 野球関連2007 |
* * *
黒田一博(82歳)
くろだ・かずひろ。外野手。広島・黒田博樹投手の父。佐世保商から青木産業、八幡製鉄を経て1949年南海ホークスに入団。すぐにレギュラーになり「6番・センター」で51年からのリーグ3連覇に貢献。54年、高橋ユニオンズ(その後トンボユニオンズ→大映ユニオンズ)に移籍した。実働8年で777試合に出場し、打率2割4分6厘、247打点、32本塁打。引退後は大阪市でスポーツ店を開いた。2007年8月17日死去、82歳。
[PR]
by nob_io | 2007-08-17 05:31 | 野球関連2007 |
* * *
酒井敏明(73歳)
さかい・としあき。三重県出身、捕手。桑名高から早稲田大に進み、東京六大学リーグで1955年秋に長嶋茂雄氏(立教大)らとともに捕手部門のベストナインに選ばれた。中日に6年間在籍し、通算301試合に出場、打率1割9分、3本塁打、36打点。その後トーチュウ記者2007年8月15日、脳内出血のため東京都三鷹市の病院で死去。73歳。
[PR]
by nob_io | 2007-08-15 05:22 | 野球関連2007 |
* * *
佃正樹(52歳)
つくだ・まさき。広島県佐伯郡宮島町(現廿日市市)出身。投手。プロ経験はないが、「江川卓に投げ勝った男」として知られる。

1973年、迫田穆成監督率いる広島県立広島商業高等学校のエースとして達川光男・金光興二らとセンバツに出場。落差のある縦カーブと抜群の制球力で準々決勝までの3試合を完封。前年地区大会から公式戦139イニング連続無失点を続けていた怪物・江川卓の作新学院高校と準決勝で激突。五回裏二死二塁から佃が江川の外角高めの速球を振りぬき、ライト前にチーム初安打となるポテンヒットを放ち二塁ランナー達川が生還、江川の連続無失点記録を止めた。八回裏には金光らがダブルスチールを敢行し、慌てた捕手の三塁悪送球で決勝点を奪った。広島商業がこの試合で江川から放ったヒットは、この回の内野安打と先の佃のポテンヒットの計2本だった。非常にプライドが高く、ゲームセットでチームメイトが歓喜を爆発させる中、『おれは名門・広島商業の背番号1。勝って当然』と一人悠然としていたという。決勝では横浜高校の長打攻勢に敗れ準優勝に終わった。

同年夏の甲子園では粘り強いピッチングで広島商業5度目の全国制覇をもたらし、九回裏一死満塁からサヨナラスリーバントスクイズで静岡高校を降した決勝戦は名勝負として有名。また細身で美少年だった佃は、宿舎に女性ファンが雪崩れ込む程のアイドル的人気を得た。

高校卒業後は金光・江川・植松精一・袴田英利らと法政大学に進学。しかし大投手・江川の陰に隠れ、法政は黄金時代を築いたものの、佃は4年間通算0勝1敗に終わった。高校時代の投げ込みで肩が上がらなくなったとも言われる。大学卒業後、同期の仲間が多数ドラフト会議で指名される中、郷里の社会人野球・三菱重工広島入りしたもののあまり活躍はできず、1979年の第50回都市対抗野球優勝時も登板はなかった。野球部引退後は三菱重工橋梁エンジニアリングに勤務し長く東京都に在住。営業一筋に打ち込んでいたという。私生活では79年に結婚し3人の娘をもうけ、少年野球の指導などもしていた。2007年8月、食道癌のため東京都内の病院で死去した。52歳。珍しい左投右打の選手であった。
[PR]
by nob_io | 2007-08-13 05:24 | 野球関連2007 |
* * *
平古場昭二(79歳)
ひらこば・しょうじ。1946年、西宮球場で開催された戦後初の全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高校野球選手権大会)でエースとして大阪・浪華商(現大体大浪商高)を優勝に導いた左腕。準決勝・東京高師付中戦で現在も9イニングの大会タイ記録である19三振を奪うなど、4試合で61奪三振を記録、決勝では京都二中に完封勝ちした。慶応大学入学後、48年秋の東大戦で無安打無得点試合を達成。卒業後は鐘紡に就職。社会人のオール鐘紡でプレーし、プロ野球のパ・リーグ審判員も務めた。69年香川県・小豆島に転居し、ゴルフ場に勤務。02年同ゴルフ場閉鎖に伴い町営住宅へ転居した。2007年 8月 11日、ガスメータ検針員が自宅(香川県小豆島町福田で1人暮らし)の異常に気づき駐在所に連絡、午前10時すぎ、小豆署の駐在所員が亡くなっているのを発見した。死後数日たっていたという。
[PR]
by nob_io | 2007-08-11 05:19 | 野球関連2007 |
* * *
高橋栄一郎(71歳)
たかはし・えいいちろう。プロ野球、巨人や南海(現ソフトバンク)で投手として活躍。89年に新庄市長に初当選し、05年に5選を果たした。2007年8月9日午前1時35分、膵腫瘍のため山形市の病院で死去。71歳。
[PR]
by nob_io | 2007-08-09 05:19 | 野球関連2007 |
* * *
阿久悠(70歳)
あく・ゆう(本名深田公之:ふかだ・ひろゆき)。兵庫県出身。作詞家。昭和34年に明治大学文学部日本文学専攻卒業後、広告代理店に入社。広告マンと放送作家の二足のワラジを履くが、40年にフリーとなり、作詞を中心に小説、エッセーなどの執筆活動に入る。同年、ザ・スパイダースのデビュー曲「フリフリ」のB面「モンキー・ダンス」で作詞家デビュー。昭和40年代後半から50年代にかけてヒットチャートを独占する勢いで、「また逢う日まで」「勝手にしやがれ」など5000曲以上を作詞。日本レコード大賞は「また逢う日まで」(46年)、「北の宿から」(51年)、「勝手にしやがれ」(52年)、「UFO」(53年)、「雨の慕情」(55年)と5回受賞、戦後の歌謡曲の黄金時代を牽引した、2007年8月1日午前5時29分、尿管癌のため慈恵会医大病院で死去。70歳。
[PR]
by nob_io | 2007-08-01 05:18 |
* * *
|