S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
based on "BACKWARD REGION"
蔦行雄(77歳)
「攻めダルマ」つた・ふみや。東急フライヤーズで投手、また徳島県立池田高等学校野球部の監督。徳島県立商業学校卒業後、同志社大学経済学部に入学し野球部に所属するが、学徒出陣で太平洋戦争に出征。特攻隊員となる。復員後、日鉄広畑に半年間所属し帰郷。全徳島に加入し都市対抗野球大会に3度出場。1950年に東急フライヤーズに投手として入団したが、わずか1年で退団し帰郷した。

故郷・徳島の池田高校が野球部の指導者を探していたことから、1951年、池田高校に社会科教諭として赴任する。その授業はいつも本題そっちのけで専ら野球の話でもちきりだった。翌1952年から同校の野球部監督に就任。しかし当時の野球部には、戦後の物不足の影響もありボールが3個とバットも2本だけしかなかったという環境であった。

長い間母校・徳商の厚い壁に跳ね返され続けたが、1971年の夏の大会で、池田高校はついに甲子園初出場を果たした。1974年春には、「さわやかイレブン」と呼ばれたわずか11人の部員で準優勝、1979年夏にも箕島高校に惜敗したものの準優勝を記録した。

1980年頃から、芯を少々外していても筋力があれば打球を飛ばせる金属バットの特性を最大限に生かすため、筋力トレーニングを積極的に行い「やまびこ打線」というニックネームがついた強力打線で、以後の高校野球のスタイルをも変えてしまった。チームも1982年夏、1983年春と連覇し、名実ともに黄金時代を迎える。当時の池田高校は、類まれなる強さと、蔦監督のキャラクターもあり、高校野球史上屈指の人気校であった。鋭い打球が自慢のパワー野球で対戦相手を次々にねじ伏せた池高野球から蔦は「攻めダルマ」と畏れられた。

監督として甲子園に春夏通算14回(監督として最後の甲子園出場は1988年夏。岡田康志コーチが指揮を代理した1991年夏を含めると15回)出場し、37勝、優勝3回、準優勝2回という素晴らしい成績を残すも、68歳・監督就任40年目の1992年に勇退した。同年7月には「池田町名誉町民第1号」に選ばれた。その後の数年間、野球部の顧問を務めていたが、体調を崩し入退院を繰り返していた。2001年4月28日に肺癌のため池田町内の病院で死去。77歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-07-06 05:16 | 野球関連2007 |
* * *
河西俊雄(87歳)
かわにし・としお。兵庫県姫路市出身。兵庫県立明石中学(現:兵庫県立明石高等学校)から明治大学に進学、1946年に近畿グレートリングに入団。1946年から1948年まで3年連続で盗塁王を獲得。1950年阪神タイガースに移籍、移籍後も100試合前後に出場し1953年から1955年までは二軍コーチ・二軍監督兼任。

以後1957年まで二軍コーチ・二軍監督をつとめ、1958年からスカウトに転進。阪神タイガースでは、藤井栄治・遠井吾郎を担当した。1962年に一年のみコーチをつとめるが、その後はまたスカウトで、藤田平・江夏豊・山本和行・掛布雅之といった大物選手の担当をつとめる。1976年に退職。1977年から近鉄バファローズのスカウト部長に就任し、大石大二郎・金村義明・野茂英雄・阿波野秀幸・中村紀洋・吉井理人を担当した。1995年に福留孝介を入団させることができなかったことからスカウトを引退した。日本プロ野球界最高のスカウトの一人として名高い。2007年6月25日、慢性腎不全のため死去。87歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-06-25 05:15 | 野球関連2007 |
* * *
鈴木悳夫(66歳)
すずき・のりお。静岡市出身。捕手。静岡・清水東高校から早稲田大学を経て1963年入団、現役時代は311試合にマスクをかぶった他、一塁手での出場もあった。1971年引退。入団後32年間一度もユニフォームを脱ぐ事無く東映・日拓・日本ハムでコーチとして在籍した。1995年からは韓国プロ野球の三星でコーチを務めた後、1997年からは再び日本に戻りロッテのコーチを務めた。近年は東京中日スポーツの野球評論家を務めていた。2007年6月14日午後11時50分、咽頭癌のため東京都杉並区の病院で死去。66歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-06-14 05:14 | 野球関連2007 |
* * *
関口清治(81歳)
せきぐち・せいじ、本名きよはる。西鉄ライオンズの黄金時代を築いた主力選手の一人。台湾に生まれ、終戦後社会人野球の全武生、信州化学を経て1948年巨人に入団。再び社会人野球を経て、2リーグ分裂の1950年西日本パイレーツでプロ野球に復帰。翌年には西日本パイレーツと西鉄クリッパースが合併して出来た西鉄ライオンズに籍を置き、後に迎える西鉄黄金時代の5番打者を務めた。シーズンでは初のリーグ優勝を決めた1954年に27本塁打、1956年にはシーズン最多となる13三塁打を放ってチームに貢献。1958年の日本シリーズ、西鉄の1勝3敗で迎えた第5戦、2-3とリードされた9回裏2アウト3塁、凡退なら巨人の日本一が決まる場面で藤田元司投手からセンターに同点タイムリーを放ち、0勝3敗からの逆転日本一につなげた1打は“一千万円安打”としてあまりにも有名。

1962年に阪急に移籍、翌年引退。「カーブ打ちの名手」といわれ、入団間もない豊田泰光(彼はカーブ打ちがとても苦手だった)が教えを乞うたところ、「金を持って来い」と言ったというエピソードを持つ。引退後は阪急、近鉄、西鉄・太平洋のコーチを歴任、1982-1983年は西本の後任として近鉄の監督を務めた。2007年6月9日早朝、慢性閉塞性肺疾患のため福岡市内の病院で死去。81歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-06-09 05:13 | 野球関連2007 |
* * *
伊藤勲(65歳)
いとう・いさお。宮城県仙台市出身。捕手。1961年東北高校から大洋ホエールズに入団。1964年から正捕手として活躍し始める。1969年には、自己最多の23本塁打、60打点を挙げる。1973年には青田昇監督の下で、初のフル出場をマークした。

1978年オフに捕手難に苦しむ南海ホークス・広瀬叔功監督に請われる形で南海に移籍。79年には10本塁打を放つと共に、長打率は自己最高の4割7分5厘を記録し、南海の最下位脱出に貢献した。オールスター出場5回。引退後は大洋のコーチ、野球解説者を経てマスターズリーグ・東京ドリームスに参加。また2004年から社会人野球・NTT東日本のコーチを務めたが、体調不良のため2006年シーズンをもって退部。2007年5月26日、肺癌のため東京都内の病院で死去。65歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-05-26 05:12 | 野球関連2007 |
* * *
野口二郎(87歳)
のぐち・じろう。戦前から球界では有名な野口4兄弟(全員プロ入り)の二男で、愛知・中京商(現中京大中京)時代には37年夏の甲子園で熊本工・川上哲治投手(元巨人監督)に投げ勝ち優勝。翌春のセンバツではノーヒットノーランを含む4試合連続完封という当時の甲子園大会記録を作り、史上初の夏春連覇を達成。1939年法大を中退し、長男明(故人)と同じ東京セネタースに入団。1年目に33勝、42年には527回1/3を投げ、40勝17敗の成績を残す。同年5月24日の名古屋戦(後楽園)、前日に九回完投勝利を挙げながらふたたび先発し、当時世界最長の延長28回(4−4引き分け)を先発完投(試合は日没引き分け)した鉄腕ぶりは「日没だけが野口を止めた」と語り継がれる。同年投球回数は527回1/3に上り、シーズン40勝はヴィクトル・スタルヒン・稲尾和久(ともに42勝)に次ぐ記録。この年のシーズン19完封は翌年藤本英雄がタイ記録を作ったものの、現在もプロ野球タイ記録。翌1943年25勝をあげて応召。

入団5年で156勝、通算でも237勝を挙げた。戦後は46年から阪急で、徐々に打者としての出場が増えていく。四番を務め、1946年に当時日本記録の31試合連続安打を放つなど打撃も非凡であった。1954年引退。その後は毎日・阪急のコーチ、近鉄二軍監督などを歴任。投手として実働12年で登板517試合、通算237勝。特に戦前・戦中は5年間で平均登板58試合、平均勝利数31勝、平均投球回数は419回に及び、まさに戦前の「鉄腕」であった。1989年、野球殿堂入り。07年5月21日午前9時2分、肺炎のため兵庫・宝塚市内の病院で亡くなった。87歳。

(以下は朝日新聞より)孫たちは、死去を伝える報道で、その偉大さを知ったという。プロ野球で数々の記録を打ち立てた『鉄腕』は、家族にさえ自慢話を一切したことがなかった。
[PR]
# by nob_io | 2007-05-21 05:11 | 野球関連2007 |
* * *
栽弘義(65歳)
さい・ひろよし。沖縄県糸満市生まれ。沖縄県立糸満高等学校、中京大学卒。高校野球監督として豊見城や沖縄水産を率いて甲子園に春夏合わせて17回出場。沖縄水産では1990年、1991年の全国高等学校野球選手権大会で準優勝を果たしたがエース大野倫の常軌を逸脱した酷使は各所から批判を浴びた。また当時、「アッコにおまかせ」の中継が沖縄で行われたが、島民が野球中継に釘付けで中継場所に殆ど人が集まらないという珍事があった。2002年に保健体育教諭を務めていた沖縄水産を定年退職後も監督を務めた。2007年3月13日に心臓の不調を訴えて入院し手術を受けていたが、5月8日に65歳で死去した。
[PR]
# by nob_io | 2007-05-08 05:10 | 野球関連2007 |
* * *
横山ノック(75歳)
よこやま・のっく。本名 山田 勇。コメディアン・参議院議員・大阪府知事。1955年宝塚新芸座に入団、1959年、小林龍太郎(後の上岡龍太郎)と轟盛次を誘って漫画トリオを結成した。轟は横山フック、小林は横山パンチと名乗らせた。しゃべくりだけのトリオ漫才とニュース漫才は当時非常に斬新で話題となり、好評を博す。

1968年に漫画トリオを解散し、参議院議員選挙全国区に無所属で立候補し当選。1995年に参議院議員を辞職した後、政党に頼らない無党派であることを旗印にし大阪府知事に当選。しかしその選挙活動の際、自陣営の運動員をしていた女子大生から、強制わいせつとセクハラ行為で民事訴訟をおこされる。当初は「真っ赤な嘘」「でっちあげ」などと完全に否定し、女子大生を虚偽告訴容疑で逆告訴するなど強硬な対応をみせたが、2000年3月に開かれた刑事裁判の初公判では一転して強制わいせつの事実を認め、被害者に謝罪した。2007年5月3日7時15分、中咽頭ガンのため兵庫県西宮市の病院で死去。75歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-05-03 05:09 |
* * *
中村浩道(71歳)
なかむら・ひろみち。鹿児島県鹿児島市出身。早稲田大学を卒業後、1959年にパシフィック・リーグの東京審判部に入局し1990年の引退まで審判をつとめる。一軍2000試合以上に出場し、オールスターは3回出場した。1990年に定年年齢到達に基づき引退したあと数年間は東京審判部の指導員をつとめた。英語が堪能で、米国の野球事情に精通した審判員であった。現役審判時代の80年代シーズンオフには渡米、アメリカ審判学校に入校した経験もあり、常に最新の審判技術を日本へ導入しようとしていた。1970年代半ばから、当時としては珍しいインサイドプロテクターを使用していた。 また、現役時代からNHK・BSのメジャーリーグ解説者、週刊ベースボールのレギュラー執筆者という、珍しい経歴をもっている。2007年4月6日、クモ膜下出血の為死去。71歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-04-06 04:53 | 野球関連2007 |
* * *
植木等(80歳)
うえき・ひとし。コメディアン・俳優・歌手。谷啓らとともにクレージーキャッツのメンバー。1961年クレージーキャッツの一員として、日本テレビ「シャボン玉ホリデー」に出演、「お呼びでない?」など歴史に残るギャグで爆発的な人気を得る。62年、古沢憲吾監督の東宝映画「ニッポン無責任時代」に出演し大ヒット。以降、「無責任男」をキャッチフレーズに数多くの映画に出演。『スーダラ節』、『ドント節』をはじめ数々のヒット曲、ヒットギャグを放ち、高度経済成長時代の日本を代表するコメディアンとして60年代の一世を風靡。石原裕次郎、坂本九、美空ひばり、渥美清らと並ぶ、昭和を象徴するトップスター。ちなみに学生時代は陸上選手で、高校時代には100mを11秒で走ったという。

1990年、自身の企画でヒット曲をメドレーにして歌った「スーダラ伝説」を発売。話題を呼び、この年の紅白歌合戦に1967年以来の出場を果たし、歌手別最高視聴率56.6%を叩きだし、さらにオリコントップ10入りも果たすという前代未聞の大記録を打ちたてた。その余波で高額納税者番付・芸能人部門でもトップ10入りを果たす。不動産売却以外で、還暦を過ぎてのランクインは他に例が無い。晩年は肺気腫と前立腺がんを患いながらもテレビドラマや映画を中心に仕事を続け、2006年12月21日 朋友である青島幸男の通夜に、酸素吸入器をつけて参列。これが公の場に出た最後となる。2007年3月27日、呼吸不全の為東京都内の病院で死去。80歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-03-27 04:51 |
* * *
菅野光夫(54歳)
すがの・みつお。武相高校卒業後、社会人野球の三菱自動車川崎を経て1975年ドラフト1位で日本ハムに入団。当時の日本ハムは、1976年に行沢久隆、1978年には古屋英夫、1979年には高代延博と若手内野手を次々と獲得し、彼らの成長が1981年のリーグ優勝をもたらす一要素となった。菅野も内野ならどこでも守れるユーティリティープレーヤーとして、地味ながら優勝に貢献した。

1985年に現役引退し、翌年日本ハムの守備走塁コーチに就任。2000年には二軍トレーニング兼内野守備コーチ。2005年からは鎌ヶ谷の選手寮「勇翔寮」の寮長を務め、ダルビッシュ有をはじめとした若手の面倒を見続けた。2007年1月の球団の健康診断で肝機能の数値が高いということを知らされ、2月に検査を受けた。直腸に癌らしきものがあると言われ、3月に再検査をし、直腸癌と確定された。予想以上に癌の進行が早く入院したが、同年3月22日、直腸癌による心不全のため死去。54歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-03-22 04:26 | 野球関連2007 |
* * *
松田清(76歳)
まつだ・きよし。東京都出身。1949年にテスト生で巨人入団。左腕から大きく縦に落ちるカーブを武器に、51年には23勝3敗で新人王と防御率(2・01)のタイトルを獲得。同年5月23日広島戦から10月4日中日戦までマークした19連勝は、半世紀を経てもセのシーズン最多連勝として破られていない(日本記録は稲尾の20連勝)。56年に国鉄(現ヤクルト)に移籍し、外野手転向。打者として61年までプレーし、引退した。07年2月18日午後、虚血性心疾患のため大阪府羽曳野市の自宅で死去した。76歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-02-18 04:28 | 野球関連2007 |
* * *
渡辺和博(56歳)
わたなべ かずひろ。編集者、イラストレーター、エッセイスト。広島県広島市出身。崇徳高等学校卒業後上京。東京綜合写真専門学校に入学しカメラマンを目指すが中退。東京四谷の現代思潮社美学校に入りなおし赤瀬川原平に師事。1975年、南伸坊の誘いで青林堂に入社。『月刊漫画ガロ』編集長となり、南とともに「面白主義」を打ち出す。のちフリーとなり、独得のヘタウマ漫画と面白エッセイで多くの雑誌にコラムを持った。代表的ベストセラーに1984年の『金魂巻(キンコンカン)』。また自動車雑誌「NAVI」に連載された『エンスー養成講座』で、自動車マニアを「エンスー」(エンスージアストの略)と名付ける。2007年2月6日、肝臓癌のため死去。56歳。
[PR]
# by nob_io | 2007-02-06 04:22 |
* * *
2006年の物故者
Wikipedia「訃報 2006年」よりコピペ。

*1月2日 - 近藤貞雄、元プロ野球中日ドラゴンズ監督
*1月23日 - 高木時夫、元中日ドラゴンズ捕手、スカウト
*2月9日 - 藤田元司、元プロ野球選手、監督
*4月16日 - 三宅宅三、元プロ野球選手、スカウト
*6月20日 - 宮本四郎、プロ野球選手(投手)・スカウト
*7月13日 - 宮田征典、元読売ジャイアンツ投手・コーチ、「8時半の男」
*7月29日 - 長谷川良平、元広島東洋カープ投手・監督
*7月31日 - 高橋明、元読売ジャイアンツ・西鉄ライオンズ投手
*10月27日 - ジョー・ニークロ(Joe Niekro)、アメリカのメジャーリーガー

■以下、非野球関連

*1月6日 - ルー・ロウルズ(Lou Rawls)、アメリカのソウル・ジャズ・ブルースシンガー
*1月6日 - 加藤芳郎、漫画家、『まっぴら君』の作者
*1月19日 - ウィルソン・ピケット (Wilson Pickett)、アメリカのソウルシンガー
*1月29日 - ナム・ジュン・パイク (Nam June Paik)、韓国出身の美術家
*2月7日 - 富樫洋一、サッカージャーナリスト、解説者
*2月8日 - 伊福部昭、作曲家
*2月11日 - ピーター・ベンチリー(Peter Benchley)、アメリカの作家。『ジョーズ』
*2月20日 - 柳宗民、園芸評論家、NHK教育テレビジョン「趣味の園芸」講師
*3月2日 - 久世光彦、演出家、小説家
*4月1日 - 松本竜助、タレント
*5月4日 - 吉行理恵、詩人、芥川賞作家
*5月25日 - デスモンド・デッカー(Desmond Dekker)、ジャマイカ出身のスカ・レゲエミュージシャン
*5月29日 - 岡田眞澄、俳優
*5月30日 - 今村昌平、映画監督、「楢山節考」でカンヌ国際映画祭最高賞を受賞
*6月3日 - 清岡卓行、作家・詩人、元法政大学教授、芥川賞受賞者
*7月1日 - 橋本龍太郎、元首相
*7月10日 - 甲斐智枝美、元アイドル
*7月31日 - 吉村昭、作家
*7月31日 - 鶴見和子、社会学者
*9月1日 - 小林久三、作家
*9月4日 - 阿部謹也、歴史学者
*9月10日 - 犬丸りん、漫画家・エッセイスト、「おじゃる丸」原案者
*9月11日 - 吉永正人、調教師、元騎手
*9月24日 - 丹波哲郎、俳優
*10月20日 - 藤岡琢也、俳優
*10月26日 - 小島信夫、小説家
*10月26日 - 大木金太郎、プロレスラー
*10月30日 - 白川静、漢文学者、立命館大学名誉教授
*11月3日 - ポール・モーリア(Paul Mauriat)、フランスの指揮者、作曲家
*11月3日 - 内山田洋、歌手、内山田洋とクール・ファイブ
*11月10日 - はらたいら、漫画家
*11月15日 - 石川賢、漫画家
*11月16日 - 仲谷昇、俳優
*11月17日 - ルース・ブラウン(Ruth Brown)、アメリカのR&B歌手
*11月20日 - 斎藤茂太、精神科医・作家
*11月20日 - ロバート・アルトマン、アメリカの映画監督
*11月23日 - 灰谷健次郎、作家
*11月29日 - 実相寺昭雄、映画監督、演出家
*11月30日 - 木下順二、劇作家
*12月17日 - 岸田今日子、女優
*12月20日 - 青島幸男、放送作家、元参議院議員、前東京都知事
*12月20日 - 中島忠幸、お笑い芸人、カンニングのメンバー
*12月25日 - ジェームス・ブラウン(James Brown)、アメリカのソウルミュージックシンガー
*12月30日 - サッダーム・フセイン(Saddam Hussein)、イラク元大統領
[PR]
# by nob_io | 2006-12-31 23:13 | リスト |
* * *
青島幸男
あおしま・ゆきお。東京府東京市日本橋区堀留町(現・中央区日本橋)出身。作家、作詞家、タレント、放送作家、映画監督。早稲田大学第一商学部卒業間際に結核を患い就職を断念、療養中に銀座でバー「カランタス」を経営。そのとき書いた漫才台本がNHKのコンクールで採用されたことをきっかけに放送作家としての活動を開始。テレビ世代の申し子として植木等などの作品を手がけ、彼らとともに日本の高度成長期を代表するスター。『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)等の構成をし、放送作家本人が画面に登場する「青島だァ!」のギャグで一躍有名になる。コミックソングの作詞家としても才能を発揮し、番組で関わったハナ肇とクレージーキャッツや坂本九らの作詞をする。代表曲として『スーダラ節』、『だまって俺についてこい』、『ハイそれまでョ』(クレイジーキャッツ、植木等)、『明日があるさ』(坂本九)など。

「いじわるばあさん」では俳優としてドラマ主演。若大将シリーズなどの映画主題歌作詩。1998年には絵画「循環」で二科展入選。テレビ司会者として「お昼のワイドショー」「追跡」「TBS歌のグランプリ」など。直木賞受賞作となった『人間万事塞翁が丙午』では、本人が直木賞を取ると周囲に公言して執筆、出版し、実際に受賞してみせた、しかもその作品が小説としては処女作であったという、ある意味では日本の文学史でも他に類を見ない離れ業をやっており、青島の豊かな才能の一端を示すエピソードとして知られている。また1968年、参議院議員選挙に全国区から立候補し2位で初当選しタレント議員のパイオニア的存在となり、その後東京都知事をつとめるなど政治家としても活躍。多才の人として知られた。ちなみに漫画『天才バカボン』のバカボンのパパは、知らないルールがあると「国会で青島幸男が決めたのか?」、また自分で勝手にルールを作ったときには「国会で青島幸男が決めたのだ!」と問うのが決まり文句だった。

しかし都知事時代は都市博中止以外めぼしい業績を残さなかったことでカリスマ性も薄れ、都知事退任後、選挙に出馬するも落選。中野ブロードウェイに住んでいた。ただし、都知事在任中は公邸を使うことが多く、退任してからは江東区に転居。2006年12月20日午前9時31分、骨髄異形成症候群のため死去。74歳。
[PR]
# by nob_io | 2006-12-20 22:43 |
* * *
ジョー・ニークロ(61歳)
Joseph Franklin Niekro。アメリカ・オハイオ州マーティンス・フェリー出身の投手で、フィル・ニークロの弟、ランス・ニークロの父。兄同様ナックルボーラーとして有名。シカゴ・カブス、サンディエゴ・パドレス、デトロイト・タイガース、アトランタ・ブレーブスを渡り歩き、1975年、ヒューストン・アストロズに移籍。32歳にして開花、1977年にはリリーフを含めて13勝8敗の好成績をあげ、1978年にはほぼ先発に専念して14勝。79年には21勝をあげ、兄フィルと並んでナ・リーグ最多勝をあげる。80年にも20勝を挙げ、球団初の2年連続20勝投手となった。

ミネソタ・ツインズ所属の1987年8月3日、マウンドでポケットに爪ヤスリを入れていたのを発見され10試合の出場停止となった。ダグアウトで爪を磨いていたと主張したが認められなかった。この年ツインズはワールドシリーズ制覇を果たし、ジョーもキャリアで唯一、そして兄の果たせなかったワールドシリーズでの登板を果たした。デビューから21年目でのワールドシリーズ初登板は、現在でもメジャー記録である。翌1988年5月4日にツインズを解雇され、そのまま引退した。2006年10月27日、脳動脈瘤のためフロリダで逝去。61歳。
[PR]
# by nob_io | 2006-10-27 23:11 | 野球関連2006 |
* * *
高橋明(64歳)
たかはし・あきら。防府高校卒業後の1961年、巨人に入団。1963年の日本シリーズでは最優秀投手賞に輝き、翌年には開幕投手を務めるなど主力投手として活躍。1971年に巨人・川上哲治監督と西鉄・稲尾和久監督との間で「投手がいなくて困っているだろう」という理由で西鉄ライオンズに移籍が決まった。事実、西鉄移籍1年目には38勝しか挙げられなかったチームの中で14勝を挙げ、チームの勝ち頭となった。1972年限りで現役引退。2006年7月31日、胃癌のため東京都内の病院で死去。64歳。
[PR]
# by nob_io | 2006-07-31 23:10 | 野球関連2006 |
* * *
長谷川良平(76歳)
はせがわ・りょうへい。愛知県半田商工学校を卒業後、4つのノンプロチームを経て1950年、広島カープ設立とともにテスト生として入団。1年目にいきなり15勝を挙げると、以降8年連続で2桁勝利を記録し、1955年には30勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。毎年最下位争いを繰り広げ、資金難から何度となく存続の危機に瀕していた厳しいチーム事情の中、1957年までの8年間でチーム全体の勝ち星の4割以上を一人で挙げるという大活躍を見せた。黎明期の広島を代表するエースピッチャーであり、長谷川がいなければ現在のカープは存在していなかったと言っても過言ではない。身長167cmという野球選手にしては小柄な体格から、『小さな大投手』と呼ばれた。

多彩な変化球を操ると言われたが、実際の球種はストレートとカーブ、縦横二種類のシュートボールのみで、これらを上手、横手、下手から緩急巧みに投げ分けた。特にシュートの切れ味は群を抜いており、来るとわかっていても当てることができず、どうにか当ててもバットを折ることがよくあった。相手打者から「頼むからシュートを投げないでくれ、バット代がかかって仕方がない」と真顔で頼み込まれたという逸話が残っている。国鉄スワローズの金田正一とは何度となく息詰る投手戦を演じ、数々の名勝負は現在でもファンの間で語り草となっている。1963年限りで現役を引退。通算197勝は、後輩の北別府学(213勝)に抜かれるまでは球団記録であった。

引退翌年の1964年から広島の投手コーチに就任し、1965年途中からは白石勝巳の後を受けて監督を務めた。在任期間中は、安仁屋宗八や外木場義郎ら後の広島を支える若手を育成し、1967年に退任。翌1968年、中日投手コーチに就任。杉下茂・水原茂監督のもと、近藤貞雄コーチらと共に小川健太郎や星野仙一、松本幸行らを指導した。その後再び広島の投手コーチ・ヘッドコーチ、その後RCC野球解説者、日刊スポーツ野球評論家。解説業を退いた後は球界から遠ざかり、ごくたまに広島ローカルのテレビ番組で顔を見せる以外、公の場に姿を現すことはなかった。2006年7月29日、肺炎のため広島市内の病院で死去。76歳。

余談だが広島球団では長谷川の後に安仁屋宗八、外木場義郎、北別府学、佐々岡真司と漢字三文字姓の投手が代々活躍していることから、現在でも「カープの三文字投手はエースの証」と言われている。
[PR]
# by nob_io | 2006-07-29 23:08 | 野球関連2006 |
* * *
宮田征典(66歳)
「8時半の男」みやた・ゆきのり。群馬県内随一の進学校・群馬県立前橋高等学校から日本大学を経て1962年に読売ジャイアンツに入団。心臓に疾患を持つために先発投手として長いイニングを投げることが出来ず、当時の藤田元司投手コーチの勧めもありリリーフ投手へ転向。当時はセーブ制度がなく先発中心の時代で、リリーフ投手が登板する試合は敗戦試合であることが往々にしてあったが、宮田は持ち前の伸びのある直球、ドロップの握りを微妙に変えて様々に変化させる「ミヤボール」、そして正確な制球力で同点試合・勝利試合に多く登板。

1965年は69試合に登板し20勝(うちリリーフで19勝)、投球回数164回1/3。セーブ制度を当てはめて集計すると22セーブ(41SP)をあげた計算になり、かつ1試合の平均投球回数は2.38回と現在の抑え投手とは比較にならない活躍をみせた。400勝を目指す現役晩年の金田正一の後を受けてロングリリーフすることも多く、登板イニング数が伸びた一因と思われる。後楽園球場の場内アナウンスを担当していた務台鶴が、宮田が登板する時間帯が午後8時30分前後であることに気づき、「宮田さんは、よく8時半頃に登板するのね」と発言したことがきっかけになり、「8時半の男」と呼ばれた。

心臓疾患のために1球ごとの間合いを長く取って投げるのが特徴であった。このことは打者のタイミングを外すのに効果的であったが、他球団などからは宮田の投球は公認野球規則の8.04[1]に該当していると批判が上がった。

1966年以後は肩・肘を相次いで故障。肝機能障害も患い1969年限りで引退。引退後はコーチとして卓越した投球理論や育成法が評価され、巨人以外でも日本ハム、西武、中日などの球団でも長く投手コーチを務める。 西武コーチ時代には当時若手であった工藤公康を指導し、球速を10キロアップさせエースへと成長させた。巨人では入団したてでプロの壁にぶち当たっていた桑田真澄を立ち直らせたほか、宮田の教え子として巨人・上原浩治、中日・川上憲伸の両球団のエースがルーキー時代に指導を受けた。中日では、投球に安定感が無かった野口茂樹を指導。その後野口は2桁勝利を重ね、中日のエースに成長した。

解説者としても解りやすい解説に定評があり、またよく球場へ出向き、自分の教え子達にアドバイスを行う姿も見受けられた。引退後、郷里の群馬県の赤城山麓に練習所を構え、少年野球の指導を行うなど、野球の発展にも力を尽くした。2006年7月13日午後2時11分、肝不全のため前橋市内の病院で死去。享年66。「8時半の男」は、宮田本人も大変気に入っていたネーミングであり、求められるサインには必ず「8時半の男」と記していたという。コーチ時代はどの球団でも背番号「85」をつけていたがこれは宮田の希望で「8時半」の意味を含んでいた。
[PR]
# by nob_io | 2006-07-13 23:07 | 野球関連2006 |
* * *
宮本四郎(54歳)
みやもと・しろう。投手。三重高等学校、中京大学を経て1975年ドラフト2位で大洋ホエールズに入団。主に左の中継ぎとして活躍。その後阪急ブレーブス、阪神タイガースに移り、1987年に現役引退。引退後は阪神の打撃投手、スカウトを務め、2004年からは横浜のスカウトを務めていた。2006年6月19日、宿泊先の愛知県名古屋市内のホテルで脳内出血のため急逝。54歳だった。
[PR]
# by nob_io | 2006-06-20 23:04 | 野球関連2006 |
* * *
三宅宅三(85歳)
みやけ・たくぞう。外野手。岡山県倉敷市出身。玉島中(現・玉島商)では砲丸投げで全国優勝。明治大学を経て、倉敷工の監督となる。1949年にチームを甲子園大会出場に導いた。1950年、毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)の創立と同時にテスト入団。1957年に引退。大毎・東京・ロッテで打撃コーチ、スコアラー、スカウト、1987年から1996年まで中日で編成本部顧問を務めた。2006年4月16日、呼吸器不全のため東京都世田谷区の病院で死去。85歳。2005年の古巣・ロッテの日本一を見届けての死だった。
[PR]
# by nob_io | 2006-04-16 23:04 | 野球関連2006 |
* * *
藤田元司(74歳)
ふじた・もとし。愛媛県新居浜市出身。旧制愛媛県立新居浜中学校→愛媛県立西条北高等学校から慶應義塾大学へ進学、オーソドックスなオーバースローから繰り出す快速球を武器に六大学リーグのスター選手として神宮球場を沸かせた。六大学野球リーグでは通算63試合に登板して31勝19敗、227奪三振を記録。その後日本石油を経て、1957年、大学の先輩である水原茂監督の誘いで巨人軍(讀賣ジャイアンツ)に入団。入団1年目から17勝をあげ新人王に輝くと、1958年には29勝、1959年には27勝をあげてチームのリーグ優勝に大きく貢献し、2年連続シーズンMVPを獲得した。

しかし日本シリーズでは度重なる力投を見せるも報われず、特に1958年の日本シリーズにおいては、西鉄のエース・稲尾和久を上回る防御率1.09を記録したものの、打線の援護なく2敗を喫し、その痩身と味方の貧打に耐え忍ぶ姿から、元司の音読みに掛けて「ガンディー」とも呼ばれた。その後、第2次黄金時代を支えた別所毅彦、与那嶺要、藤尾茂、広岡達朗らの高齢化が進んだ時期、登板過多で肩を故障してしまう。60年以降は成績が急降下し、64年に現役を引退。プロ入りの時期が遅かったこともあり、現役生活は8年にとどまった。

現役引退後は川上哲治監督の下で投手コーチに就任し、堀内恒夫や高橋一三を育成して巨人軍のV9時代を支えたが、1973年シーズン途中に投手陣不振の責任を取らされて二軍コーチに降格され、さらにスカウトへ異動させられるなどの辛酸も味わった。その後、大洋ホエールズヘッドコーチ、NHK野球解説者を経て1981年、長嶋茂雄監督解任を受けて巨人軍監督に就任。「長嶋を窓際に追いやった男」という世間の強烈な逆風の中、就任1年目にしてリーグ優勝を果たし、同年の日本シリーズでは、パ・リーグ覇者の日本ハムファイターズを破り、1973年以来となる日本一に導いた。1983年にもリーグ優勝をなしとげたが日本シリーズで西武との激闘の末に3勝4敗で敗れ、助監督を務めていた王貞治に譲る形で勇退。

1988年シーズン終了後、王貞治解任を受け、務臺光雄読売新聞名誉会長から「年寄りの老い先短い願いをきいてくれ」と懇願され、2度目の監督に就任。同年の日本シリーズで近鉄バファローズを下して日本一に輝くと、翌1990年にはリーグ2連覇をなしとげた。1992年限りで勇退した。



指導者として優れた人心掌握術・育成術を持っていた。巨人軍コーチ時代には渡辺秀武を再生させ、第1次監督時代には江川卓・西本聖・定岡正二、第2次監督時代には斎藤雅樹・槙原寛己・桑田真澄の先発三本柱を確立させ、投手陣の整備をおこなった。また野手では、川相昌弘・緒方耕一の積極的な起用、駒田徳広・岡崎郁の“名脇役”としての確立等「磨けば光る逸材」を輝かせる事にかけては定評があった。監督勇退後はNHKで野球解説者を務める傍ら、別所毅彦の死去を受け1999年から2003年まで巨人軍OB会会長を、2005年には四国アイランドリーグ・愛媛マンダリンパイレーツアドバイザリースタッフを務めた。2000年頃から体調を崩し、NHKでの解説の仕事も固辞して療養していたが、2006年2月9日午後6時40分、心不全のため東京都世田谷区内の病院で死去した。74歳没。現役時代の颯爽とした姿やスマートな物腰、そして決して選手を責めず常に回りに気遣いを見せるあたたかな人柄から「球界の紳士」と呼ばれていた。
[PR]
# by nob_io | 2006-02-09 23:02 | 野球関連2006 |
* * *
高木時夫(68歳)
たかぎ・ときお。浦和高校、日本大学、富士鉄釜石(現在の新日鉄釜石)を経て1961年中日ドラゴンズに入団。主に木俣達彦の控え捕手として活躍。1973年に引退後は中日のコーチ、スカウトを務めた。当時は無名だった山本昌をスカウトしたことで知られる。阪神タイガースでは星野仙一監督時代、球団広報を務めていた。2006年1月23日、原発性肺癌のため名古屋市内の病院で死去。68歳。
[PR]
# by nob_io | 2006-01-23 23:01 | 野球関連2006 |
* * *
近藤貞雄(80歳)
こんどう・さだお。愛知県岡崎市出身。内野手→投手。旧制愛知県立岡崎中学校から旧制法政大学を経て1943年に西鉄軍に入団。強打の一塁手として鳴らしたが、深刻な投手不足のチーム事情から石本秀一監督は、近藤の長身からの速球を見出し投手にコンバートした。同年、西鉄は資金難のため1年で解散に追い込まれてしまう。折しも徴兵による選手不足に悩む東京巨人軍の藤本英雄監督から申し出があり、1944年、黒沢俊夫らとともに巨人に移籍した(他球団から巨人に移籍した最初の選手となる)。登板しない試合には野手として出場したこともある。プロ野球が再開された2年後の1946年に大車輪の活躍で23勝をあげるが、秋季キャンプで滞在していた愛媛県松山市で散歩中、進駐軍のジープを避けて側溝に転落。そこにあったガラス片で右手中指を負傷してしまう。

戦後混乱期にあって迅速な治療を受けられず神経に深い傷を残してしまい(右手中指は第2関節から先が曲がったまま、元に戻ることはなかった)、満足な投球ができなくなり巨人を自由契約になる。同僚だった千葉茂は「近藤の負傷が『別所引き抜き事件』の遠因になった」と評する。巨人時代の同僚で中日に移籍していた宮下信明が中日の杉浦清監督に掛け合い、近藤は中日に移籍。移籍1年目の1948年、独特の3本指で投げる「疑似チェンジアップ(パームボール)」を開発し同年6勝、翌1949年7勝、1950年10勝と活躍した。天知俊一監督が復帰した1954年、チームがリーグ優勝を果たす。同年限りで引退。

1955年から1962年(野口〜第3次天知〜第1次杉下〜濃人監督時代)、1964年から1968年(第2次杉浦〜西沢〜第2次杉下監督時代)まで中日投手コーチを務めた。ルーキーイヤーから2年連続30勝をあげながら連投に次ぐ連投で肩を壊し、事実上投手生命を失った権藤博の起用法に対する反省から、先発-中継ぎ-抑えの分業制を提唱。「甲子園準優勝投手」の鳴り物入りで入団しながら打線の援護に恵まれず、不振をかこっていた板東英二をリリーフエースとして起用することで実践した。板東は期待に応えて活躍。巨人・中尾碩志投手コーチとの論争などを経て近藤の「投手分業制」は球界に定着した。その後は濃人の誘いで1969年〜1971年にロッテ投手コーチ。与那嶺要監督が就任した1972年、古巣中日にヘッドコーチ兼投手コーチとして再度招かれ1974年のリーグ優勝に貢献した。1976年退任。

1981年、中利夫監督の後任として中日監督に就任。戦力外になりかけていた平野謙の才能を見抜きレギュラー野手に成長させ、2年目の若手投手牛島和彦を抑え投手に抜擢し、翌1982年にリーグ優勝を果たした。攻撃と守備でガラリとメンバーを代えるところから「近藤アメフト野球」「ツープラトン野球」とも呼ばれたが、現在のプロ野球では当たり前の戦術とされる「守備固め」の先駆けであった。1983年限りで退任。

1985年大洋監督に就任。高木豊、屋鋪要、加藤博一の俊足打者3人を1-3番に据え「スーパーカートリオ」と銘打った。1986年退任。1989年から1991年まで日本ハム監督。これを最後に現場を退いた。以降は中部日本放送野球解説者・中日スポーツ野球評論家を務める。2001年にはプロ野球マスターズリーグ「名古屋80D'sers」初代監督となり、翌2002年まで務めた。この時期、江夏豊をワンアウトで降板させた際、ある女性記者から「もう少しできたんじゃないですか」と言われたことに対し「偉そうに評論家やってんじゃない!」と激怒し、晩年も血気盛んな気質を見せた。血気盛んではあってもニックネームは「ダンディ」。2006年1月2日午前9時22分、都内の病院で呼吸不全のため死去。80歳。
[PR]
# by nob_io | 2006-01-02 23:00 | 野球関連2006 |
* * *
2005年の物故者
Wikipedia「訃報 2005年」よりコピペ。

2月6日 - 皆川睦雄(69歳/敗血症)「最後の30勝投手」、元南海ホークス
4月13日 - ドン・ブレイザー(73歳)元プロ野球選手・監督
4月27日 - 大社義規(90歳/心不全)日本ハム創業者・日本ハム球団初代オーナー
5月12日 - 田中 尊(69歳/肺炎)元プロ野球選手・コーチ
9月6日 - 宮下信明(81歳/呼吸不全)元プロ野球選手
9月19日 - 中内功(83歳/脳硬塞)ダイエー創業者、流通科学大学創設者・学園長
11月7日 - 今津光男(67歳/肺癌)元プロ野球選手 (中日ドラゴンズ・広島東洋カープ・阪急ブレーブス)、コーチ
12月15日 - 仰木彬(70歳/肺癌)前オリックス・バファローズ監督

■以下、非野球関連

1月8日 - 小森和子(95歳/呼吸不全)映画評論家
1月31日 - 中尊寺ゆつこ(42歳/S状結腸癌)漫画家
2月10日 - アーサー・ミラー(89歳/癌)劇作家
2月19日 - 岡本喜八(81歳/食道癌)映画監督
2月22日 - 羽生未来(30歳/肺癌)タレント
3月10日 - 照屋林助(75歳/肺炎)音楽家
3月10日 - 星ルイス(56歳/肺癌)漫才師
3月22日 - 丹下健三(91歳/心不全)建築家
4月3日 - 岡田史子(55歳)漫画家
4月16日 - 高田 渡(56歳/心不全)フォークソング歌手
4月22日 - ポール牧(63歳/自宅マンションから投身自殺)タレント・コメディアン
4月25日 - 安部 英(88歳)元帝京大学副学長
5月23日 - 石田徹也(31歳/踏切事故)画家
5月24日 - 石津謙介(93歳/肺炎)ファッションデザイナー・「VAN」創設者
5月30日 - 貴ノ花健士/二子山満(55歳/口腔底癌)日本相撲協会事業部長
6月10日 - 倉橋由美子(69歳/拡張型心筋症)小説家
6月10日 - 永島慎二(67歳)漫画家
6月24日 - 加藤舜陶(88歳)陶芸家
6月25日 - 長 新太(77歳/中咽頭癌)絵本作家
7月1日 - 萩原葉子(84歳)作家
7月1日 - 天野 滋(52歳/脳内出血)歌手、ニュー・サディスティック・ピンク(NSP)リーダー
7月8日 - 串田孫一(89歳)哲学者、随筆家
7月11日 - 橋本真也(39歳/脳幹出血)プロレスラー
7月22日 - 杉浦日向子(46歳/下咽頭癌)漫画家、江戸風俗研究家
8月2日 - 村上信夫(84歳/心不全)帝国ホテル元総料理長
9月7日 - 見沢知廉(56歳/自宅マンション8階から転落死)作家・新右翼活動家
10月20日 - ジャン=ミッシェル・フォロン(71歳)ベルギーの画家・彫刻家
11月6日 - 本田美奈子(38歳/急性骨髄性白血病)歌手・ミュージカル女優
11月26日 - 宮城音弥(95歳)東京工業大学名誉教授、心理学者
[PR]
# by nob_io | 2005-12-31 21:44 | リスト |
* * *
|